レーシック 札幌

ひどいようなら先に治療

結膜炎でも、レーシックはほとんどの病院で受けることは可能です。ただ直接の診断は必要のなるなので、病院に行き医師にみせましょう。

その場合、流行性結膜炎、いわゆるはやり目の場合は原因がウィルスであるため、眼の状態が落ち着いてからもしばらくは、角膜の状態が安定しない場合もあり、完治から一か月は時間を空けてからの「レーシック手術」が最適といえます。

少し他の人より時間はかかるかもしれませんが、一つ一つじっくりと治していきましょう
また目ヤニがでる、充血が多少ある細菌性結膜炎の場合は、点眼薬で治療が可能ですので、状態がよくなったら、検査及び手術可能となります。

花粉症の場合は?

コンタクトをしている方は、かゆみのために角膜を傷付けてしまい、刺激や汚れからアレルギー性結膜炎になってしまいます。レーシック手術を受ければ少なくとも、コンタクトによる苦しみからは解放されるでしょう。

花粉症の方もレーシック手術を受けることは可能ですので、検討してみるのもよいのではないでしょうか。

レーシックを札幌で受けるならココ!人気ランキングメニュー